DESIGN
SUKINADAKE
BLOG

Photoshopパターンオーバーレイの色を編集可能な状態で変更する方法

2015/03/05 Photoshop

ストライプやドットなどのパターンオーバーレイを、
任意の色に編集可能な状態で変更する方法を紹介します。

一般的には、パターンをラスタライズするか、スマートオブジェクト化してから
レイヤースタイルのカラーオーバーレイで着色する方法が多いかと思いますが、
その方法では、シェイプのカタチを変更させづらいのです。

1.シェイプにレイヤースタイルでパターンを適用

pattern

シェイプを作り、シェイプの塗りを0にして、
レイヤースタイルで任意のパターンを適応します。

※パターンは塗りと透過で出来ている必要があります。

2.シェイプをグループ化し、レイヤースタイルでカラーオーバーレイを適用

pattern2

パターンを適応したシェイプをグループ化し、
そのグループにカラーオーバーレイで着色完了です!

直接シェイプにカラーオーバーレイをすると、
パターンだけに着色されそうですが、透過にしていても
土台となるシェイプ全体に色がついてしまうので、グループ化が必須です。

※グラーデーションオーバーレイでもOKです!

3.パターンの色やシェイプのカタチを変更

pattern3

グループ内のシェイプは、当然編集可能な状態なので好きなカタチに変更できます。
グループに適用したカラーオーバーレイの色を変更すれば色だって変更できます。

もちろん、使うパターンの変更もできます。

まとめ

以前は、グループにレイヤースタイルを適応できなかったので、
スマートオブジェクト化するか、ラスタライズするしかなかったですが、
これで、後から色の変更もパターンの変更も簡単にできちゃいます。

便利なので、是非試してみてください!

Facebookシェア B!